【キャンピングカーDIY】1tトラックに家を作って乗せる。法律上は荷物!?

スポンサーリンク

1トントラックを納車したのでキャンピングカー(モバイルハウス)を本気でDIYしていきます。

日産バネットトラック(ロング)

・車体サイズは幅1690mm×長さ4605mm

・ロングなので荷台サイズは2735mm×1600mm

・ローダブルタイヤ(後ろのタイヤが2個ずつで荷台が少し低め)

・1トンまでOK。

スポンサーリンク

ツイートでも言ってますが2号機です。

⇨初号機は軽トラに小屋を乗せるキャンピングカーを作りました。
(↓15分ほどの動画にまとめてるのでよかったらどうぞ↓)

ということで今回は2号機なので、より本気でより拘って作っていきます笑

スポンサーリンク

「モバイルハウス」とは

初号機の作り方の記事はこちら

・名前の通り動く家。

・トラックに小屋を乗せるだけなので荷物という認識
(積載物になるため、車検の時は下ろす必要ああり)

・荷物なので積載の法律範囲内。(下記で解説)

動く家と言ってますが、キャンピングカーですね。

ただ、法律上荷物になるためキャンピングカー登録などの必要もなく
自作で作ってる方が多くて小屋みたいなので乗ってる。
みたいなイメージなのでモバイルハウスという括りにしてます。

1トンラックの積載条件

重量は1000kg(ロングタイプなので1t)

・幅はトラック(車体幅)からはみ出しては行けない。
1690mm(車体幅はサイドミラーは含まれない)

・長さは車体の長さ×10%は後ろにはみ出してOK。
→車体の長さ(全長)が4605mmなので約46cmほど後ろにはみだせる。
荷台が2735mmなので土台長さはMAX3195mm。

・高さは地上から3.8mまでOK。
→荷台高さが770mmなので3030mm(3mちょっとはOK)

キャンピングカーの作り方

日数なども記載しながらなるべく細かく解説していきます。

目標は1ヶ月。

1,2日目

土台の作り方

・3cm×4cm材で骨組みを作る。

・断熱材はスタイロフォーム厚み4cm

・12mm合板と5.5mmT2(耐水)ベニヤ

・積み下ろし用の単管パイプが通るように。

日数も記載しながら、解説していくのでぜひ参考にしてください。
(随時更新していくので、ブックマーク推奨)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。