【木製ベッドの作り方】合板2枚でイケてるローベットを格安DIY。

 

前回、部屋リフォーム(漆喰/フローリング)が完成したので
今回はベットを作りました。

 

マットを直置きでもいいのですが、ずっと置きっぱは部屋にも悪いので。。。

憧れのローベッドでしたが、安く簡単に作れました。

 

✔︎部屋リフォームの記事はこちら

【ローベッドをDIY】

 

必要なもの

 

☑️費用は約5000円でした。

 

・合板厚み12mmを2枚(1820mm×910mm)
 
・2×4材長さ2.1mを3本
 
・L字金具36本
 
・水性ウレタンニス(クリア)

 

合板も2×4材も、どのホームセンターにもあると思います。

■水性ウレタンニス(クリア)

[amazon asin=”B0091FU9NS” kw=”水性ウレタンニス クリア”]

どうして合板を選んだのか?

 

✔︎作り方の前に「どうして合板にしたのか」を説明します。

選び方はいいから
作り方を知りたいって方はこの項目を飛ばしてくださいm(._.)m

 

僕が合板を選んだ理由….

とにかく安いからです!!!笑

 

 

合板ってとにかく安いんです。

元々、幅のある太めの板を使用し
すのこ状のローベットにするつもりでした。

 

[amazon asin=”B07BYP9ZJX” kw=”ローベッド”]

(こんな感じのイメージ)

 

ただ、太めの板(1×10材/1×12材/2×12材)などは
長さ3.6mのサイズで1本3000円ぐらいするんです。。。

1×10材などは、ホームセンターなどどこにでも売ってある規格サイズの木材です。
(1×10材…厚み1.9cm×幅23.5cm)

 

合板を板のようにカットすれば、板みたいになるのでは?

という節約DIYの本領発揮です。笑

 

結論から言うと、合板でも十分です。
もはや、いい板です。w

 

■ベッドの板が1×12材(長さ3.6m)の場合

安くて1本3000円で3本必要になるので
天板の材料だけで、1万円近くします。。。

 

■合板の場合

2枚で足りるので、1本1350円で2700円で作れます。

 

ということで、とにかく安いという理由で合板に決定。

 

作り方の手順①〜⑤

 

✔︎シングルベッドですが、幅を少し大きめに。

✔︎少し浮いてるように見えるように。

 

①合板を板状にカットする。

 

シングルのマットレスを置くのですが
板が少し大きい方が、カッコ良さそうだったので

ベッド幅を1.2mと大きめにします。

(マットレスの幅は97cmでした)

なので、合板を長さを1.2mにカットし3等分にしました。

3等分にカットするので、幅は約30cmになります。

☑️合板を長さ1.2m×幅30.3cmに6本作ります。

 

合板の元々のサイズが1.82m×0.91mなので
余りが、0.62m×0.91mが2枚になります。

次回、余った合板で燻製器でも作るのもありですな〜。w

 

✔︎合板で作った燻製器

 

②土台になる2×4材をカットする。

 

土台は2×4材にしました。

理由は…安定の「安いからです」はい。笑

低めのベッドにしたかったので、2×4材はちょうど良い。

 

シングルのマットレスの長さが1.97mなので

少し余裕を持って、2.1mに3本カットしました。

 

普段は家でカットしますが
2.1mにする場合3.6mの木材を買う必要があり、ホームセンターでカットしました。

カット3本で30円、、、

安い。楽。正確!

 

楽に作りたい方は、ホームセンターカットがオススメですね。

 

③とにかくヤスリで磨く。

 

この作業が1番大事。

合板安いし、板状にカットしたら、見た目もいいし。
メリットしかない。。。

と思うかもですが、所詮は下地用の木です。

仕上げ用として、売られてるものではないので
表面がきれいになってないんです。。。

角がささくれになってたり。。。

 

ちなみに、買うときも合板には綺麗さの差があるので

なるべく綺麗なのを買いました。

 

表面と、表面になる側の角を磨いていきます。

紙やすりでもいいですが、電動サンダーがあると雲泥の差です。

✔︎サンダー付き!ブラックアンドデッカーセットとは?

 

紙やすりの場合は
最初は60,80など粗めのヤスリで〜120〜240ぐらいでOKです。

角を触って、指が痛くなければOKです。

表面も磨くだけ、綺麗になりますが

最後ニスを塗るので、多少サボりました。笑

(土台もサンダーがけしました)

 

④ニスを塗る。

 

 

このままでもいいですが、ベッドを置くので綺麗に保ちたい。

なので、表面に膜をはるニス(透明)を塗ります。

よほどのこだわりがない限り、水性のニスでOK。

・水性は洗って流せる。
・水性は体に害もなく、匂いがきつくない。
・子供も安心。

もちろん、油性でもほとんど安全ですが。

水で薄めたり、洗い流せたり…と楽です。

僕はあまり、ツヤツヤしてるのは好みではないので
艶なしの水性ウレタンニスを使用。

 

環境対応塗料、シックハウス対応などの言葉に弱いです。笑

実際は、ほとんどの塗料が安全なんですけどね。笑

 

■水性ウレタンニス(クリア)艶なし

 

ニス用のハケがあるのですが
素人の僕には違いが分からない。。。

なので、安かった万能ハケで塗りました。

もちろん問題なしです。

ちなみに、塗料自体は乳白って言うのかな?

ん、乳白って何だw

 

薄めに均等に塗り
2時間ほど乾燥させ、紙やすり(400番)で磨いてから2度塗りしました。

400番は仕上げ用にヤスリなので、ガッツリ磨いてOKです。

ヤスリを使用すると、より綺麗な仕上がりになります。

 

乾燥中は太陽に当てちゃダメ!と書いてありますが
当てちゃってました。

まあ、結果OKだったのでセーフとします。

 

☑️ニスの塗り方

うす〜く均等に塗る⇨2,3時間以上乾燥させる

⇨紙やすり#400で磨く⇨1回目より厚く均等に塗る

 

1日近く乾燥させ、綺麗に吹き完成です。

4,5度塗りと増やせば、表面は綺麗になり強度も増していきます。

 

⑤土台と合板をくっつける。

 

最後にくっつければ、完成です。

 

上からビスを打つつもりでしたが

合板が思った以上にいい感じなので、裏からL字金具でくっつけることに。

 

L字金具は1本20円ぐらいでした。

 

上からビスを打つと、ビスが見えてしまうので。

(マットレスを置くから、最終的には見えなくなるんですけどねw)

 

 

✔︎2×4材側に打つビスは普通のスリムビス(長さ3cm)を使用。
 
✔︎合板に打つビスは長さ1cmの小さいビスを使用。

 

合板は厚みが1.2cmしかないので
強度が少し落ちますが短めのビスを使用します。

 

先に土台(2×4材)にL字金具をつけといた方が、楽です。

印をつけといて金具を先につけ、最後合板とくっつけます。

 

しっかりL字金具をつけるために、当て木をして付けました。

 

当て木は必須ですね。
ずれると最後合板としっかりくっつけれないので。

 

 

金具を土台1列12本ずつ使用。(計36本)

 

(ベッドの裏側)

土台と固定する前にボンドをつけとくと、より強度が増します。

 

 

裏返して完成です!!!

 

 

まとめ

 

・合板には見えない。

・破格の安さで、イメージ通りに作れた。

 
・ベッドの上を歩いても、強度も十分。
 
・浮いてるように見えます!!!w

大満足です。

幅を少し大きめにしたのも大正解でした。

なんか、合板の可能性を感じました。。w

 

✔︎合板をフローリング材にするのは可能なのか。

 

 

必要なもの

 

☑️費用は5000円程度でした。


・合板厚み12mmを2枚(1820mm×910mm)

 
・2×4材長さ2.1mを3本
 
・L字金具36本
 
・水性ウレタンニス(クリア)

 

合板も2×4材も、どのホームセンターにもあると思います。

■水性ウレタンニス(クリア)

 

合板厚み12mmを2枚(1820mm×910mm)

使用したのは長さ1.2m×幅30cmを6本。
90cm×60cmが2枚余りました。

 

2×4材

長さ2.1mを3本使用しました。
長さ3.6mの板を3本購入したので、1.5mの板3本余りました。

 

L字金具36本

ホームセンターで4本セットで90円だったので
1本20円ちょっとでした。

L字金具はネットでまとめて買った方が安いかもです。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。