ネジを1本も使わない『ローテーブルの作り方』端材でDIY

 

DIYしてると端材って結構たまりますよね。

 

端材とは…木材などを切った時にでる余分な切れはしのこと。

 

前までは端材などはピザ窯で焼く時にして使用していました。
(✔︎ピザ窯の作り方はこちら)

最近はコツコツと端材をためてて、ある程度たまったので
再利用してローテーブルを作っていきます。

 

「ローテーブルをDIY」

 

 

<材料>
天板
・1×4材の端材

3cm×6cm材
塗料
・ワトコオイル(ダークウォルナット)
・アイアンペイント(黒)
その他
・titebond、クランプなど…

ワトコオイルとアイアンペイントの相性は抜群ですね。

どちらも1000円ほどで買えるのでおすすめです。

 

■ワトコオイル(ダークウォルナット)

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥4,070 (2020/11/25 02:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

■アイアンペイント(黒)

created by Rinker
ターナー色彩(Turner Color)
¥1,320 (2020/11/24 22:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

ローテーブルの作り方

 

合板の上に端材をbondでくっつけていくだけのシンプルな方法なので
誰でも作れます。

ネジを1本も使わずに作れました!

①テーブルのサイズを決め、合板をカットする。

 

厚み11mmの合板が手元にあったので、それを使用しました。

 

<合板のサイズ:幅75cm奥行き35cm>

最後にカットするので完成品は数cm小さくなります。

 

②端材を合板にくっつけ、整える。

 

 

早速、端材をくっつけていきます。

 

1×4材を加工した時の端材なので
厚みは一緒で段差がなく、テーブルにしやすいです。

 

1枚、1枚合板にくっつけていくだけです。

 

合板厚み1.1cm、端材の厚み1.9cmでテーブルの厚みは3cmになります。

titebondを使用しました。

⇨titebondとは?

created by Rinker
フランクリン
¥686 (2020/11/25 02:32:32時点 Amazon調べ-詳細)

 

レンガなどで重りを与えると、よりしっかりくっつきます。

一応24時間放置しました。
じっさいは、数時間で固まってます。

はみ出ていたりする部分があるので、カットしていきます。

綺麗に整えます。
しっかりとした長方形にするために、合板もカットしてます。

丸ノコ定規があると本当に便利です。

■200円作る丸ノコ定規の作り方はこちら。

③ダメージを加工する。

 

塗料を塗る前に、ダメージ加工をしていきます。

ダメージ加工とは…アンティーク調に見せるため、わざとのこぎりやハンマーなどで傷をつけること。
ネジをハンマーで叩いて、ネジ跡を付けてみたり。
のこぎりで傷をつけてみたり。
オシャレになれ〜〜という念を込めながら、傷つけていきます。

結構適当でも、それっぽくなりますよ。なりました。

④天板にワトコオイルを塗る。

 

渋い系の色が好きなので「ダークウォルナット」にしました。

<ワトコオイル塗り方>
テーブルをヤスリで磨く⇨いらないタオルで擦るように塗る
⇨数時間後2度塗りをして、好きな色になるまで塗る⇨ヤスリ、タワシなどで磨く。

毎回、ハケを使うのももったいないので、いらないタオルで塗りました。

塗料を入れる入れ物は、トレイを再利用してます。

 

2度塗りする時に、テーブルに塗料をこぼしてしまい…

結果的にいっぱいワトコオイルを使ったのですが
めちゃくちゃ自分好みの色になりました。笑

 

ケチらずいっぱい使ったほうがいいですね。笑

 

ワトコオイルの濡れ感?もでていい感じ!

自分で言うのもなんですが、ダメージ加工もいい感じです!!!

塗った後にタワシなどで磨くと、艶感も出てきていい仕上がりになります。

これで天板は完成です。

 

⑤脚を作る。

脚はアイアン風にします。

なので木材で口の字の形を2つ作ります。

 

3cm6cm材…長さ34.5cmを4本、長さ21cmを4本

ビスが見えているのは、あまり好きじゃないので
ダボでくっつけていきます。

ダボ用ビットで直径8mm穴を開け、マーカーで印をつけて、ダボでくっつけていきます。

 

 

ダボのサイズは木材の幅の1/2〜1/3のサイズがベストです。
(今回は木材の厚みが1.9cmなので、8mmのダボを使用してます。)

 

■ダボマーカー8mmセット

このセットがあれば、誰でも簡単にダボ継ぎができます。

全部ダボでくっつけ、2つ作ります。

この2つは大きさを同じにしないと、最後がたつくので、しっかり丸ノコガイドを使って作りました。

ダボ継ぎにはクランプで圧着はセットですね。
より強度が増します。

⑥脚にアイアンペイントを塗る。

 

アイアンの感じが好きですが、アイアンの脚は高いので
木材にアインアンペイントを塗ることにしました。

 

<アイアンペイント塗り方>スポンジで全体的に塗るだけ!
ポンポンと叩くように塗るとよりアイアンっぽく塗れます。

ここまでしっかり塗れるとは、びっくりしました。

違う黒の塗料を買ったことがあるのですが、いまいちなものが多かったので。。。

 

アイアンっぽくも見えるので、めちゃくちゃ気に入ってます。

いきなり高級感が出てきました。

⑦脚と天板をくっつけます。

脚をアイアン風にペイントして、ビスを見せたくなかったので
ここもダボでくっつけることにしました。

4つずつダボをくっつけます。

脚を下からではなく、横からつける理由としては
見た目がかっこいいからです。!!w

ただ、横からダボでくっつけてるだけで、強度が心配だったので
脚と天板を支える、小さな木材をボンド取り付けました。

 

これでも、まだ強度が心配だったので、後ろに1×4材を取り付けました。

もちろんダボで!(アイアンペイント塗ってあります)

 

ネジを使わないで作ろう!と言う呪縛にハマっています。笑笑

強度が心配なら、脚と天板をL字アングルなどで補強をしたり
ビスを使ったりすれば、済む問題なのですが。。。。笑

なので、しっかり作りたい方は、L字アングルなどで補強をした方がいいと思います。

ただ、ネジを1本も使わないテーブルって言うのもかっこいいですよね?笑

 

⑧完成!!!

ボンドをしっかり乾燥させて、天板を雑巾で磨いて
完成です!!!

<サイズ>
・幅80cm、奥行き34.5cm、高さ33cm

まとめ

 

ネジを1本も使わないというDIYにハマってて、その呪縛にはまりましたがw
最高に満足です。

ダメージ加工を初めてやりましたが、気に入ってます。

なんと言っても、高級感を出してくれる、ワトコオイル、アイアンペイントには感謝ですね。

使用したもの

 

<材料>
天板
・1×4材の端材

3cm×6cm材
塗料
・ワトコオイル(ダークウォルナット)
・アイアンペイント(黒)
その他
・titebond、クランプなど…

 

■ワトコオイル(ダークウォルナット)

濡れ感も出てアンティーク調にもなるので重宝しています。
価格も安いし、塗りやすいので、おすすめです。
The DIYの塗料ですね。
(briwaxと2大巨塔です。)

created by Rinker
ワトコ(Watco)
¥4,070 (2020/11/25 02:32:31時点 Amazon調べ-詳細)

 

■アイアンペイント(黒)

今まで黒の塗料はあまりいい思い出がなかったのですが
想像以上の色になってくれました。
スポンジで叩きながら塗ると、アイアンそのものです!笑

created by Rinker
ターナー色彩(Turner Color)
¥1,320 (2020/11/24 22:30:48時点 Amazon調べ-詳細)

 

■Titebond

毎回使ってますが、すぐ乾くし、強度もあるので
木工DIYでは1番だと思います。
もちろん、日本だと有名な黄色いボンドでもいいとは思いますが。

[amazon asin=”B0006U20NY” kw=”titebond”]

 

■ダボマーカー8mmセット

このセットがあれば、誰でも簡単にダボ継ぎができます。
マーカーは初心者には必須ですね。

created by Rinker
フランクリン
¥686 (2020/11/25 02:32:32時点 Amazon調べ-詳細)

☑️端材でこんなテーブルも作ってみました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。