「丸ノコ定規をDIY」200円で作れました。

どうも。ゆうだいです。

丸ノコってDIYやるには必須工具ですよね。

のこぎり派もいるでしょうが、丸ノコは綺麗に素早く切れるので
一回この便利さを味わうと手放せません。

(僕が使用してる丸ノコはこちら)

「丸ノコ定規をDIY」

丸ノコ定規とは…綺麗に直線を切れるようになる丸ノコの補助アイテムです。

丸ノコって素早く切れるのですが、ガイド(定規)がないとどうしてもずれたり、直線じゃなかったりすることがあるんです。

そこで直線の精度をほぼ完璧にしてくれる、「丸ノコ定規」をDIYしました。

<必要な材料>
・3~4mmのベニヤ板(お好きなサイズ)
・ボンド(titebond)
<かかった費用>
・200円

(4mmベニヤ板の一般的な1820mm×900mmで600円。
1/3程度しか使わないので、使用する部分は実質200円。
ボンドはtitebondをしようしましたが、家にあったものをしようしました。)

titebondは木材に相性が良く、水にも強いので強度もありオススメです。

必要な材料はこれだけです。。。
僕は4mmの合板にしました。

もちろん、もっと厚みがある合板などをしようしてもいいのですが
定規なので小回りがきく方がよく、なるべく軽め、かつ定規として機能できる厚さが4mmがベストっぽかったので4mmにしました。

(3mmでも6mmでも問題はありません。)
(丸ノコが引っかからないなら。)

丸ノコ定規の作り方

作るのも本当に簡単で一瞬です。

このように、ベースが段差に引っかかるので綺麗にまっすぐ切ることができます。

①大まかなサイズを決める。

(僕は角材など2×4材をきるときはタジマのガイドを使用しています。)

丸ノコガイド定規は直線で切るのに必須アイテム。【タジマ丸鋸ガイド】を購入しました。

しかし長めに切断したいときが、たまにあるので
今回の定規はベニヤ,合板を縦に直線で切れるようにしたかったので
サイズは1820mmの定規に決定しました。(1.8m)

※もちろん、ここはお好きなサイズでOKです。

1mとかの方が小回りもきいて使いやすいと思いますが僕は縦斬りを1回の直線で切りたいし
「大は小を兼ねる」という言葉が好きなので
このサイズにしました。

大きすぎたら、1mぐらいの大きさに切ればいいだけですしね。

②ベニヤ板を切る

あとは切るだけです。
たまにホームセンターでカットしてもらうという技もありますが
せっかくなら自分でやった方が愛着がわきます。笑

簡単な作業ですしね。

(家に合板があったのでそれを定規のようにして切りました。)

<1820×幅で切る>
・30cm1枚
・10cm1枚

(完成図)(30mmの上に10mmの板をくっつけてる)

僕の丸ノコのベースが10cmなのでこのような形になりました。

伝わってます?

30cmの方はきもーち大きめに作った方がいいです。
最後に切り落とせるので。

③切った板同士をくっつける

ボンドでくっつけるだけです。

titebondはDIYに本当にオススメです。
僕は家にあったレンガを載せときました。
すぐ完全体にくっつきますが、24時間ほど置いときました。
念に念を。
(ただ暑かっただけw最高気温37度)

④最後の仕上げ!

最後に丸ノコを定規に乗せて使用します。

ちょっと大きめに作ってたので余分な箇所が切れていくので完成です!!!

水性ステインが余ってたのでそれを塗って終了です!!!

一応両側を使えるようにこの大きさにしましたが、左右どちらかだけとかでも作れます。
(20mm+10mmなど)

ただ、ギリギリの大きさだと丸ノコを使用するときに左手で定規を支えづらいのである程度の幅があった方がいいです。

取っ手をつけたり、穴を開けてみたり、違う色に塗装してみたりと
簡単なDIYですがアレンジもできるので楽しいです。

色は塗りましたが、だいぶシンプルな丸ノコ定規にしました。
あんまりアレンジすぎるのは好みではないので。

よくある質問

Q.ベースの端から刃までの幅は10cmなのか?

僕はmakitaの丸ノコを使用していますが、基本は9~10cmだと思います。
自分の丸ノコを実際に測ってみてから作りましょう。

Q.定規の長さは普通どのくらいなのか?

個人的には1mが基本で使いやすいと思いますが
僕のように1820mmの長さにしとけば合板も切れるので怖いもの無し。

ただ僕は小さめのtajimaの定規は持っているので
それが無いなら、短めの定規も作るのはアリだと思います。

Q.厚さはなんで4mmにしたのか?

基本は軽い方がいいので、薄いものを探していて
ホームセンターだと2.5mmが一番薄く、それだとフニャフニャして変形しそうな気がしたので
それより一個上の厚さ4mmにしました。
1cm以上は重くなりますし。

Q.titebondがいいのか?

僕はtitebondをよく使うし、余っていたので使用しました。
無い場合はホームセンターなどで簡単に手に入る普通の黄色いあの有名なボンドでも問題ないと思います。
ただ、いろいろな作業もしていくなら、断然Titebond1択ですね。

まとめ

作ってから何回か使用していますが、定規の端を切りたいところに合わせるだけで切れるので
とても使いやすくて満足してます。

これが200円で作れるDIYの世界おそるべしですね。。。

簡単な作業ですぐできるのでオススメです。
丸ノコは必須アイテムですが補助アイテムの定規も必須アイテムですね。

いやいや。
作るのすら、面倒だよって人は丸ノコガイドを買いましょう。
使いやすく、1mあるので十分だと思われます。

個人的には高い気もしますが。。。

2 件のコメント

  • 色々と参考になります。一つコメントここでの幅の単位はすべてmmではなくcmでは?

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。