【廃材で時計スタンドDIY】1×4材の端材とカーテンフックで時計台を0円自作。

このサイトはアフィリエイト広告(Amazonアソシエイト含む)掲載しています。

この記事を書いた人
川瀬悠大(28)

DIYオタク/ソロ/キャンプ/登山/自然が好きな引きこもり

独学でDIYを始め、DIY系のYouTubeも現在140,000人
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。
(安さ重視で工具を選んだ記事はこちら

時計を置く台ってあるとかっこいいですよね。

だけど買うのはもったいない…ということで時計スタンドを自作しました。

今回は廃材で作ったのでほぼ0円ですが
1×4材という1本200円ほどの安い木材なので、木材がない方も格安でできます。

(長さ1.82mで200円、今回使用した長さだと40円ぐらいです)

【時計スタンドDIY】

材料
 
・1×4材(今回は家にあった廃材)
・カーテンフック
・塗料(briwaxのチーク)

作り方手順①〜④

四角のシンプル時計台です。

簡単でいい感じなので気に入ってます。

①木材を斜めにカットする。

木材はなんでもOKです。

(今回僕が使用したのは1×4材で厚み1.9cm幅は9cmの木材でいい感じでした)

四角形にしたいので斜めカットします。

斜めにカットせず、四角形にしてもいいのですが…
継ぎ目が斜めの四角形の方が個人的にかっこいいからです。笑

丸のこを角度調整して、45度カットします。

角度調整できない方は、ホームセンターなどでやるのがオススメ。

ノコギリだと流石に大変です(T . T)

両端を45度カットし、同じ長さで4個作ります。

ちなみに、六角形はいい感じのサイズ感と継ぎ目もぴったしにならず、やめました。

↑こういう細かい加工したい場合はスライド丸のこが必須ですね。

②カーテンフックを取り付ける。

固定する前に、フックを取り付けます。

(カーテンをまとめる紐をかけるフックです)

ネジでつけました。

フックはなんでもいいと思います。時計がつけれれば。

この時あらかじめ塗料を塗っておくと、あとで楽なので塗ってます。

③木材を固定する。

最初はボンドだけで固定しようとしましたが。。。

クランプだけでは圧着ができず、継ぎ目にダボを入れ四角形に固定していくことにしました。

ボンドだけで固定したい場合は四角用のクランプやゴムがあればできると思います。

直角クランプは完全に直角にならないというクチコミもありますが
これぐらいの四角形なら十分だと思います。

僕は少し面倒ですが、ダボでくっつけました。
(試行錯誤DIYは楽しいw)

くっつく部分にダボ穴を開け、丸棒を入れ、固定します。

時計スタンドですが、強度は相当強くなりました。笑

あとはしっかり固定するようにゴムハンマーで叩き固定します。

ゴムハンマーは叩いても木材を傷つけないのでオススメ。

ボンドもたっぷりつけたので、1日圧着します。
(ダボでくっついてるので、クランプも簡単につけれます)

④塗装して完成。

内側と同じくBriwaxのチークで塗装します。

で、完成!!!!

時計もいい感じに映えます(笑)

カーテンフックですが、そこまで安っぽさも出ずに個人的には気に入りました。

木材もbriwaxを塗ったことで深みが出て、渋い時計台になりました。

塗料代で150円ぐらいかかってるかもですが、一応0円でできました。

使用した材料

材料
 
・1×4材(今回は家にあった廃材)
・カーテンフック
・塗料(briwaxのチーク)

■briwaxチーク

briwaxは塗りやすく深い色になって木材を引き立てるので、すごい好きで
その中でもチークは最近めちゃくちゃハマってます。笑

■カーテンフック

家にあったフック。
カーテンを紐でまとめて、かけるやつ。
横側にあるやつ。名前は忘れましたw

■1×4材

今回はこの木材を使いました。(家にあった端材)

川瀬悠大(28)

➡︎プロフィールはこちら

➡︎YouTubeはこちら

➡︎Instagramはこちら