「軽トラVs1トントラック」モバイルハウスにするトラックはどれがいい?

この記事を書いた人
川瀬悠大(26)

DIYオタク/ソロ/キャンプ,登山/自然が好きな引きこもり。

独学でDIYを始めDIY系のYouTubeも現在70,000人を突破。
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。

そんなDIYオタクの独学方法は雑誌を読む。0円で読む方法はこちら

独学DIYで2台モバイルハウスを作ってる者です。
(軽トラと1トントラック)

■モバイルハウスの作り方を見たい方はこちらも合わせて見てください。

■制作過程を動画で見たい方はこちら

軽トラから始まり今は1トントラックの荷台に小屋を乗せています。

作るにあたってこのトラックがいい(長さや重量など)色々と見えてきたので
両方作ったことのある僕が比較していきます。

今どのトラックで作るか迷ってる、妄想中の方もみてください。

モバイルハウスにするトラックがどれがいい?

モバイルハウスとは…
名前の通り動く家です。荷台に小屋を乗せたりしているキャンピングカーですね。

2トンなども例に入れながら比較していきます。

軽トラから1トントラックに乗り換えた僕が比較するよ。
乗り換えてる時点で勝ち負け決まってるけど…両方の良い悪い点も解説。

1トントラック(ロング)

はい。僕が今使ってるトラックです!
軽トラから乗り換えてるので、やはり1トントラックの方が最高です。笑

僕のはニッサンのバネットラックロングです。

トラックには普通のものとロングがあって1トントラックと言われるものはロングです。
ロングじゃないものは積載量が750kgになります。

バネットトラック

車体サイズは幅1690mm×長さ4605mm

ロングなので荷台サイズは2735mm×1600mm

ローダブルタイヤ(後ろのタイヤが2個ずつで荷台が少し低め)

価格は30~50万円で変えればGOOD(走行距離10マンkmの中古)

乗り換えた理由は積載量が1トンまでいけるからです。

おそらくほとんどの方は軽トラで作ろうと最初は思うと思います。

DIYで作る場合は木製になることが多いですがやはり重量を350kgまでに抑えるのは難しいです。

軽トラは積載が350kgまで。

なので僕は軽トラ➡︎1トントラックに乗り換えました。

じゃあもっと2トンとか10トンとかの方がいいと思う人もいるかもですが
運転のしやすさも重要です。

1トントラックで意外と小さくて小回りも効きます

自分の中で1.5トン以上になるとサイドミラーが大きくなったり(折り畳めない)
狭い道は運転しにくい印象があります。
(実際は2トントラックぐらいまではサイズはそこまで変わらない)

個人の好みになりますが僕はできるだけ小さくはしたかったので1トンにしました。

少し曖昧な決め方ですが迷うなら小さい方がいいです。

1トントラックはコンパクトでパワーもあるので人気が高く2トン車とも同じぐらいの価格帯になります。
ただ中古で古いものなら30~50万程度で買えるの、小屋を乗せてもトータル60~100万ぐらいでできます。

現在荷台に小屋を乗せてこんな感じです。

軽トラック

先ほど軽トラの積載は350kgまでにしか乗せれないから変えたと言いましたが
それでも軽トラは魅力が多すぎます。

圧倒的な安さで10万円でもかえる(僕は5万円)

小回りがきく。運転していて怖い場所がない。

適当に扱える。丈夫

やっぱり圧倒的な安さですね。

木材で枠をしっかり作る場合は350kgは厳しいですが
枠ほ軽量化したり、スタイロサンド工法など色々な試行錯誤が生まれています。

350kg以内は大変ですがアルミフレームで作る方法もあり制限内で遊ぶという楽しさもあります。

僕は軽量化で3cmの木材で枠を作ったり内装を薄い合板を貼っただけにしました。

⬇︎内装の記事はこちら⬇︎

(ダイハツハイゼットの場合)
荷台サイズは長さが2030mm、幅が1410mmです。

軽トラはどの車も同じようなサイズです。(軽基準のギリギリ大きくしてるため)

軽トラは荷台も広く、モバイルハウスは荷台から後ろに(車体の)10%はみ出していいので2m近く長さを取ることも可能です。

僕が作ったものは2200mmの長さを取っていたので170後半ある僕でも余裕に寝れました。

⬇︎軽トラの荷台のサイズの条件をまとめてます⬇︎

結論、軽トラは重量制限をクリアできる自信があるかその制限を楽しめる方にはおすすめです。

重量のデメリットが大きいですが、その制限がクリアできるなら最高の車です。

第3の選択肢

もちろん上記以外にも小屋を乗せれる車はあります。

僕も今後狙ってるのがピックアップトラックです。

引用

このようなピックアップトラックは色々種類があります。

ハイラックスやタンドラ…僕が狙ってるのはダットサントラックです。

いつかこの車に小屋を乗せたい理想のランキングなども別記事で書いてみよう(準備中)

結論まとめ

 価格積載量運転のしやすさ
1トントラック40マン前後1000kg意外とコンパクト
軽トラ10万前後350kgめちゃくちゃ乗りやすい

両方作った感想としてはやはり「1トントラック」がオススメ。

ただ重量をクリアできる方は軽トラでもいいと思います。

圧倒的なやすさ、手に入りやすさもあるので最初の車としては軽トラは最高です。

僕も軽トラからスタートしたので、その時こういうアドバイスをされてても予算の関係で軽トラにしてたと思いますw

サイズ感も小さくなるので、作る手間もお金も安くなります。

あえてどっちがいいかという話なので
本当の結論は「どっち最高!!!」

モバイルハウス作りは最高に楽しいです。
ここまで読んでくれた方は多分本当に作ろうと思ってる方だと思うので応援してます。

文字や動画でも解説してるのでよければ参考にしてください。

車を安く手に入れる方法

やはり1番はオフラインですね。
知り合いがちょうど乗り換えるとか昔使ってた車があるとか…

自分が欲しいタイミングでなかなかうまくはいかないと思うので
そういう時は<ガリバー>など有名なところで車を探すのも手です。

ヤフオクなどでも安く買おうことは可能ですが、オークションなどの手間をかけたくない方は特にネット購入がお手軽です。

僕はいつもヤフオク、メルカリ、オフライン、ガリバーと全部合わせて探してます。

車中泊の車をもっともっと安く手に入れる方法を知ってますか?
(むしろ+になるかも)

それは今持ってる車をなるべく高く売ることです。

今持ってる車を売れば、上記の車を買ってもお釣りが返ってくる人も多いと思います。

そのお釣りで車中泊DIYを楽しむのは最高ですよ〜笑

車の一括査定サイトはいっぱいありますが
【イカプラ】なら査定後の営業電話が複数の会社から来ることはないので安心です。

一般的な一括査定サイトは僕も登録したことあるのですが、営業電話が多くて電話嫌いの僕には最悪でした。。。

イカプラなら複数の会社からの営業電話はなくて最終の連絡は1社のみです。
スマホからでも簡単に査定できます。

結論。車中泊DIYって敷居が高そうだけど、安く車も手に入ります。
乗り換えで今持ってる車を売ればお釣りが来ることも多いです。

是非チャレンジしてみてください。

車中泊にする車ランキングも公開中です

⬇︎安さ重視の車ランキングもあるので合わせてご覧ください⬇︎

⬇︎安さ重視ではなく理想の車ランキングもあるので合わせてご覧ください⬇︎

☑️DIYを動画でもみたいという方はこちら(YouTube7万人)

☑️独学DIYにオススメの雑誌はこちら(0円で読めます)