DIYユーチューバーの僕が主に使用してる工具3選【登録者数は2.5万人】

 

DIYはやりたい…
けど、工具はない…

でもお金はそこまでかけたくない…

いや!!!!!!!!
でも(俺は/私は)DIYをやりたい!!!!!!!

そもそも工具何買えばいいの???
多すぎる!!!!

 

僕はこのような悩みを持ちながら勢いでDIYをスタートし
今ではキャンピングカー小屋を作ったりもしています。

 

なので今このように悩んでる方
DIYの工具どれを買おうか迷ってる方の参考になれば嬉しいです。

 

こんな方にオススメ
・DIYを始めたいけど何を買えばいいのかわからない人。
・なるべく安く工具を集めたい方。
・とにかく使ってる工具教えてくれ!

 

 

【僕が主に使用してる工具(1軍)】

 

そもそもあなたはどういうのをDIYしてるの?って方はYoutubeを見てみてください。

キャンピングカーを作ったり、基本的には木工。
材料もホームセンターのものを9割使用してるので、初心者の方に参考になるかと思います。

 

独学でDIYを始め、今ではチャンネル登録も(ありがたいことに)2.5万人を突破しました。

 

…そんな自分の話は置いといて
早速使ってる工具たちを選び方と共に紹介します。

 

 

選び方(基準)

 

✔︎なるべく安く(コスパが重要ポイント)

✔︎無駄なものは買わない。(価格を安くしたいため、無駄な機能は一応でつけない)

✔︎1つの工具で色々なことができる(工具数を減らすため)

 

もちろん…工具は沼なので…大沼なので….

無駄なものを買ったこともあります(笑)
見た目のカッコよさとかで…(笑)

 

そういうのは排除して今1軍として普段扱いしてるものを厳選して紹介します。

 

工具を紹介

 

まず何買えばいいの?って方は…インパクトドライバーだけはすぐ買いましょう!!!

 

とりあえず、インパクトドライバーさえあればDIYはある程度できます。

カットなどはホームセンターで30円でやってくれるし
自分でホームセンター工房で無料カットもできるんです。

(ドライバーはバッテリー式の方が使いやすい)

 

 

ブラックアンドデッカー(マルチツール)

 

 

 

✔︎1つの工具でドライバー、サンダー、ジクソーの3役。

✔︎バッテリー式のため、使いやすい。

✔︎価格が安い(この3つの工具を集めるとなると結構高くなる)

 

 

インパクトドライバーを探している時に
このブラックアンドデッカー(マルチツール)に出会いました。

 

マルチツールを簡単に説明すると…
アタッチメント(先端部分)を変えるだけで、ドライバー、サンダー、ジクソーにもなるという優れもの。(他にも丸ノコアタッチメントもありますが、パワーと切れる深さがないので却下)

 

工具一つで3役になってくるというやつです。

 

こういうお得感には弱い僕ですが
買ってみて1年以上使った感想としてはめちゃ良い!!!DIYレベルなら事足りる。

 

バッテリー式なので、どこでも使用できるのはありがたいですね。

ただ、バッテリー式で価格も安い..となると気になるパワーはそこそこある!感じですね。

 

パワーが弱いのでは?と思う人も多いと思いますが
木工DIYは基本ホームセンターの木材を使うことが多いと思います。

ホームセンターや安い木材って基本柔らかい木材(パイン材など)なんです。

 

なので、ブラックアンドデッカーで十分やれます。
僕はこの工具でキャンピングカーや小さい小屋なども作ってます。笑

 

ジクソーも2×4材がギリギリ切れますし、DIY程度なら十分ですね。

プロレベルを目指していたとしても
最初なら一旦この工具を使うってのもありだと思います。

 

 

 

インパクトドライバーはバッテリー式の方が使いやすいですね。

サンダーもできればバッテリー式。
ジクソーは安いとパワーが劣るので、コンセントの電気式でもいいかもですね。

 

 

Makita電気丸ノコ

 

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥11,257 (2020/10/22 21:37:52時点 Amazon調べ-詳細)

 

先ほどホームセンターでカットできると言いましたが
やっぱり自分でカットしたい。。。笑

あと、計画するのも大変で家でDIYしながら、カットするっていう方が楽なんですよね。

 

なので、個人的には丸のこは必須アイテム。
(使用頻度が高い)

 

選び方を説明すると
バッテリー式でパワーがある方がいいが、バッテリー式は高い…
なので、コンセント式のものにしました(パワーがあり価格も安い)

makitaで安心ということもあり、サイズは165mmと190mmがあり
大は小を兼ねるということで190mmに(価格もそんなに変わらない)

 

1年以上使った感想としては、めちゃくちゃ満足です。

角度調整もでき、深さも68mmあるのでほぼ切れないものはないですね。
DIYレベルならもちろん満足ですが、ある程度のプロレベルでも通用する性能だと思います。

 

角度も45度にし46mmの深さを切れるので、満足しています。

 

丸のこの深さの最低ラインは40mmかなと思ってます。
(DIYは2×4材を使う機会が多く、厚みが38mmなので)

 

 

✔︎コンセント式(パワーがあり価格が安い)

✔︎190mm(深さは68mm)

✔︎パワーも十分(しばらく使えそう)

 

 

 

トリマー

 

created by Rinker
リョービ(Ryobi)
¥10,342 (2020/10/22 07:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

 

一気にプロのような仕上がりになる工具トリマーです。

 

これを使うだけで一気に見た目が良くなるので
一段階レベルを上げたい方にオススメ!

 

トリマーとは…
面取りや溝を掘ったりができる工具。
回転することにより、削ったり角を丸っぽくしたりできます。
パワーがあるので、やすりがなくても綺麗に仕上がります。

 

 

こちらもバッテリー式があるみたいですが、コンセント式がオススメ。
安くてパワーがある。

 

安いと言っても1万ぐらいはするので、一段レベルUPしたい方にオススメですね。

 

ビット(先端部分)を変えることにより
掘ったり、線を入れたり、丸みをつけたり、円でくり抜いたり
などなど色々なことに使えます。

 

安いビット1,2個使うのもありですが
セットで買った方がお得でオススメです。

こちらは王道ですが、これセットさえあればほぼなんでも使えます、

[amazon asin=”B003EIN6VA” kw=”トリマー ビット”]

 

ちょっと価格がしますが、買っておいて損はないです。
ビット自体がしっかりしてます。

 

 

☑️トリマーでできること例

・溝を掘り引き出し棚を作れる。
・角を丸くし、触っても痛くない&見た目をよくできる。
・丸くくり抜くことができる。
・表面をきれいにできる。
・模様が作れる(難易度が上がります)

 

 

 

まとめ

後日番外編として、たまに使用してる工具などもまとめます。

この工具が主に使用してる工具ですね。

ほとんとの作業が完結するのではないでしょうか。
趣味のDIY程度なら十分戦えます。

 

工具はどんどん欲しくなりますが、こういう機能が欲しい!
など具体的にわかってからでもいいと思います。

 

まずは、ドライバーと丸のこを買ってから考えるなど。
そうすれば、2,3万でDIYを始めれます。

 

もちろんホームセンターを活用して工具を買わない方法だってあります。

 

工具選びは勢いと節約が大事ですね。

 

コツコツDIYライフを楽しみましょう。

 

良かったらYoutubeも見てください!!!

 

created by Rinker
マキタ(Makita)
¥11,257 (2020/10/22 21:37:52時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
リョービ(Ryobi)
¥10,342 (2020/10/22 07:37:54時点 Amazon調べ-詳細)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。