「DIY系YouTuberの僕が使用してる工具は2点だけ」登録者数は2.5万人

この記事を書いた人
川瀬悠大(26)

DIYオタク/ソロ/キャンプ,登山/自然が好きな引きこもり

独学でDIYを始め、DIY系のYouTubeも現在70,000人
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。
(よく使用してる工具はこちら

DIYはやりたい…
けど、工具はない…

でもお金はそこまでかけたくない…

いや!!!!!!!!
でもDIYをやりたい!!!!!!!

そもそも工具何買えばいいの???種類多すぎる….

僕はこのような悩みを持ちながら勢いでDIYをスタートし
今ではキャンピングカー小屋を作ったりもしています。

なので今このように悩んでる方、DIYの工具どれを買おうか迷ってる方の参考になれば嬉しいです。

こんな方にオススメ
・DIYを始めたいけど何を買えばいいのかわからない人。
・なるべく安く工具を集めたい方。
・とにかく使ってる工具教えてくれ!

【僕が主に使用してる工具(1軍)】

そもそも僕がどういうものをDIYしてるの?って方はYoutubeを見てみてください。

キャンピングカーを作ったり、基本的には木工。
材料もホームセンターのものを9割使用してるので、初心者の方に参考になるかと思います。

独学でDIYを始め、今ではチャンネル登録も(ありがたいことに)2.5万人を突破しました。(2022年現在は7万人)

…そんな自分の話は置いといて
早速使ってる工具たちを選び方と共に紹介します。

選び方(基準)

✔︎なるべく安く(コスパが重要ポイント)

✔︎無駄なものは買わない。(価格を安くしたいため、無駄な機能は一応でつけない)

✔︎1つの工具で色々なことができる(工具数を減らすため)

もちろん…工具は沼なので…大沼なので….無駄なものを買ったこともあります(笑)

今回はそういうのは排除して、今1軍として普段使っているを厳選して紹介します。

工具を紹介

何買えばいいの?って方は、インパクトドライバーだけはすぐ買いましょう

とりあえず、インパクトドライバーさえあればDIYはある程度できます。

カットはホームセンターで30円でやってくれるし、自分でホームセンター工房で無料カットもできるんです。(ドライバーはバッテリー式の方が使いやすい)

ブラックアンドデッカー(マルチツール)

✔︎1つの工具でドライバー、サンダー、ジクソーの3役。

✔︎バッテリー式のため、使いやすい。

✔︎価格が安い(この3つの工具を集めるとなると結構高くなる)

インパクトドライバーを探している時に、このブラックアンドデッカー(マルチツール)に出会いました。

マルチツールとは…
アタッチメント(先端部分)を変えるだけで、ドライバー、サンダー、ジクソーにもなるという優れもの。(他にも丸ノコアタッチメントもありますが、パワーと切れる深さがないので今回は却下)

工具一つで3役になってくるというやつです。

こういうお得感には弱い僕ですが、買ってみて1年以上使った感想としてはめちゃ良い。DIYレベルなら事足りる。

バッテリー式なので、どこでも使用できるのはありがたいですね。バッテリー式で価格も安い。

ただ安いバッテリー式の気になる点のパワーは、そこそこある。感じですね。

パワーが弱いのでは?と思う人も多いと思いますが、木工DIYは基本ホームセンターの木材を使うことが多いと思います。
ホームセンターや安い木材って基本柔らかい木材(パイン材など)です。

なので、ブラックアンドデッカーで十分やれます。

僕はこの工具でキャンピングカーや小さい小屋なども作ってます。笑

ジクソーも2×4材がギリギリ切れますし、DIY程度なら十分ですね。

プロレベルを目指していたとしても、最初なら一旦この工具を使うってのもありだと思います。

サンダーもできればバッテリー式。ジクソーは安いとパワーが劣るので、コンセントの電気式でもいいかもですね。

Makita電気丸ノコ

先ほどホームセンターでカットできると言いましたが、やっぱり自分でカットしたい。笑

全部計画するのも大変です。家でDIYしながら、カットするっていう方が楽なんですよね。

なので、個人的には丸のこは必須アイテム。(使用頻度が高い)

選び方を説明すると、バッテリー式でパワーがある方がいいが、バッテリー式は高い…
なので、コンセント式のものにしました(パワーがあり価格も安い)

makitaで安心ということもあり、サイズは165mmと190mmがあります。
大は小を兼ねるということで190mm(価格もそんなに変わらない)

2年以上使った感想としては、めちゃくちゃ満足です。

角度調整もでき、深さも68mmあるのでほぼ切れないものはないですね。
DIYレベルならもちろん満足ですが、ある程度のプロレベルでも通用する性能だと思います。

角度も45度にし46mmの深さを切れるので、満足しています。

丸のこの深さの最低ラインは40mm以上切れるものがいいです。
(DIYは2×4材を使う機会が多く、厚みが38mmなので)

✔︎コンセント式(パワーがあり価格が安い)

✔︎190mm(厚み68mmカット)(45度カットだと46mm)

✔︎パワーも十分(小屋なども作れます)

まとめ

この2点が主に使用してる工具ですね。

ほとんとの作業が完結するのではないでしょうか。趣味のDIY程度なら十分戦えます。

工具はどんどん欲しくなりますが、こういう機能が欲しい!などお金をかけるのは、具体的にわかってからでもいいと思います。

まずは、ドライバーと丸のこを買ってから考えるのがおすすめです。
そうすれば、2〜3万でDIYを始めれます。

もちろんホームセンターを活用して工具を買わない方法だってあります。

工具選びは勢いと節約が大事ですね。

コツコツDIYライフを楽しみましょう。

川瀬悠大(26)

➡︎プロフィールはこちら

➡︎YouTubeはこちら

➡︎Instagramはこちら