Titebondとは。木工DIYにオススメボンドはこれ1択です。

 

 

DIYしていると、意外とボンドを使う機会って多いんですよね。
ボンドでそのまま天板のように接着したり、ビスを打つ前に固定するために使用したりと。。。

 

数あるボンドの中でも木材に使用するなら最強なTitebondを紹介したいと思います。

 

Titebondとは
アメリカのフランクリン社のブランド。 木工家やギター製作等で愛用されている木工接着剤です。
 

オススメするのはこれだ!

 

・Titebond(赤色)

 
   
・早い接着力
・強い接着力
・研磨性に優れ、乾燥後の接着剤の上に塗料を塗っても接着効果に影響はありません
・高い耐熱性と耐溶剤性
・有害な有機物質を含みません
・水で拭き取れます
・硬質木材から軟質木材他殆どの多孔質基材に使用できます(要するに木材用)
・安い
 
 
Titebondはギター接着にも使用されている、強力ボンドです。
 
僕は木材を使用した工程が多いので、ドンピシャでTitebondユーザーです。
 
あくまで木材用ボンドなので、木材中心の方ならオススメです。
 
というか、DIYは木材を中心に使用する方が多いですよね。
 
 
 
いい点は上記のまとめた点ですね。
 

使用してみた感想

  

まず、結論から言うと最高です。

  

個人的にいいなーって思ったのが、乾いてからも削りやすい点ですね。
 

どうしても、雑になってボンドを拭き忘れたりして
木材を汚すことが多々あったのですが。。

Titebondの場合は乾いてからも削って取ることが可能なので
雑な僕には助かってます。。

 

燻製機などにも使用したいので、耐熱性があるのも嬉しいところでしたね。

 

 

最後に僕は、形から入ることが多いのですが、某黄色い系ボンドを使ってるより、Titebondってかっこいいですよね。笑


 

あれ、こう思うのは僕だけでしょうか??ww

 

でも、買って損なしで自信持っておすすめできるボンドです。

 

titebondの別種類も2個だけ少し紹介

 
・Titebond(青色)
 
 
素早くといっても、ほんの数分の差なので、まだ個人的には差があると思うほどとは思えません。
 
少しでもより早く接着して欲しい方にオススメです。
 
 
・Titebond(緑色)
 
ただし、これも数分の差です。
 
 
■全て使用しましたが、個人的には、そこまでの差はわからなかったです。
 
 

Titebondを使用してDIYしたもの。

・ベンチイス

・燻製器

まとめ

フローリングに使うボンドなら水分が少なめの床職人がいいとかはありますが、特に使用工程もこれと定まってはいないが、DIYで色々使用したいって方には、Titebondをおすすめします。
 
これといった差もまだ気づけていないので、気づき次第随時更新します。
実験してきます!!!
 
 
 
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。