「運転中のカメラ固定」色々試したけど、マグネットスタンドがオススメ。

この記事を書いた人
川瀬悠大(27)

DIYオタク/ソロ/キャンプ,登山/自然が好きな引きこもり

独学でDIYを始め、DIY系のYouTubeも現在80,000人
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。
(よく使用してる工具はこちら

最近はYouTubeやInstagram、自分用など動画を作る方も増えてきました。

そこで旅動画で必須ともいえる「運転中の撮影」
↪︎(車中泊の場合は車内の撮影も併用できるといい)

パートナーに撮ってもらうなどもありますが
僕のように一人旅の時でも撮影できるように、カメラのマウントについて解説します。

(運転中の撮影は定点はいいよね….うん笑)

僕も運転中や車中泊の時にも、撮影がしたくて色々試しました。

運転中の撮影の固定方法

6種類以上購入した僕が1番お勧めする方法と、種類別に徹底解説!!!

一眼レフなど重いものではなく、スマホやアクションカメラで使用して実験しました。

(今回は安くて使いやすいマウントなので、高級な一眼レフなどを固定したい場合は、もっと高いマウントの方がいいです)

安くて、しっかり固定できるものを紹介します。

カメラを固定する種類

まずはどのような候補があるのか。

人によって合う種類も違うので、使う方法なども一緒に解説します。

「選ぶ基準」
・安さ
・運転中ぶれない強度
・角度を変えれるか
・自分の車に合うか。画角。

三脚

カメラの撮影といえば、三脚です。

でも、運転中の場合は車自体が揺れて
三脚を置く安定する場所がないのでお勧めできません。

外で撮るとか、車と一緒に星や夜景を撮りたい場合は必須になるので、どちらにしろ1つは持っておきたいですね。

(車中泊の場合、車が止まっている時は撮影できます)

クランプ式

ゆうだい

これ最高です。クランプはしっかり固定できる。
車によっては、座席のヘッドのところに固定できます。

クランプに+でアームがついているので、細かな調整もできます。

クランプだけのマウントだと固定はできても角度調整できないので注意。

この銀色の部分を回すことで固定ができます。

15mm~40mmまでのものなら固定可能

車のヘッドレスト部分も、車種によってはピッタリ固定できるので
画角的にもオススメです。

撮りたい画角の場所に固定できるものがあれば、買いですね。

↪︎スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

マグネット式

ゆうだい

個人的に1番お勧め。
車はマグネット固定できる場所が多いので、場所も変えやすく、頑丈に固定されます。

僕のように軽バンとかトラックとか…車中泊する人が多いバン系は
鉄板剥き出しが多いので、どこでも固定できます。

固定できる場所がある方には、断然オススメです。

でも、車によるのかな?
高い車は逆に鉄板部分がないのかも。

マグネットが固定できる部分がある方にはオススメですね。

こちらもアーム(雲台)がついているものを選ぶと、角度を調整しやすいです。

アーム無しだと微調整できないので注意。

マグネットなので、場所を変えることも簡単ですが
細かな角度調整できると運転撮影も広がります。

↪︎スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

吸盤式

ゆうだい

ちょっとパワー弱いかも。。。
窓とかにつける場合は、窓の開け閉めする時に邪魔になる…

吸盤は手軽なので、使ってる方も多いですが個人的には微妙…

時間が経つと剥がれてきたり、窓にはつけておきたくないし…

(あくまで僕が買ったものなので、問題なく使ってる方もいます)

窓につける場合は、窓を開け閉めする時に取り外さないといけないので
そういう手間は極力なくしたい派です。

↪︎スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

クネクネ固定

ゆうだい

動かせれるのでいろいろな画角を変えたい方にはGOOD。

ただ、運転中の撮影ってそこまで動かさない気もするので、クネクネである必要性はそこまでないのかも。

そこそこ大きいので、運転席にあると少し邪魔ですね。

でも思ったより固定もしっかりされるので、使い道が多そうです。

こういう系って信じてなかったというか、固定強度は弱いと思ってましたが
角度変えてもその場で固定されるので、色々使えそう。

固定部分はクランプですが、このゴムベルトを調整することで、いろいろなものに固定しやすくなります。

なので、DIYの撮影とか、車中泊の撮影で画角を変えたい場合とかは最高かも。

運転撮影じゃなくても色々使えそうなので、買ってよかったアイテム。

↪︎スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

ヘッドレスト マウント

今までは、車用ではないものを紹介しましたが
これはヘッドレスト用のマウントです。

真横からの撮影ができるので、綺麗に撮れそうですね。

ゆうだい

僕はヘッドレストの棒部分がない車なので、却下しましたが、ある方には安心です。

価格が5000円を超えているので、少し高い気もする…

2000円以下のタイプもありますが、評価はあまり高くないので、オススメできませんね。

車用ってなると少し価格が上がるものが多いので、マグネット式やクランプ式を車用として使うのが良さそう。

↪︎スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

結論「マグネット式がオススメ」

ゆうだい

色々使って画角も比べましたが
マグネット式が1番いい。

マグネット式

・価格も2000円代

・想像以上に固定の強度が高い

・雲台があるので簡単に角度変えられる。
運転している自分の映像や、外の風景も撮れる。

・邪魔にならない。

デメリットは?

マグネットが固定できない場所では使えない。

これは当たり前ですが、自分が撮りたい場所でどこでも使えるわけではないので、買う前に注意が必要です。

もちろん、スマホ用ではなく、アクションカメラでに固定もできます。

ゆうだい

スマホをつける場合は+スマホホルダーも必要です。

(スマホホルダーは回してつけるだけなので、どのマウントや三脚にもほぼ取り付け可能)

ちなみに車の外にも固定できました。

流石にこのままの運転は怖いけど、外で撮影とか三脚ない時も車に固定して撮れますね。

画角

マグネットの場所を変えれば簡単に画角も変えれます。

雲台で角度も変えれるので、上向とか横向きとかいろいろな微調整もできます。

ほんの少し変えるだけでも、外の風景が見やすくなったりもします。

角度も変えれば、人は映さず外も撮れます。

真正面から外を撮るのもいいけど、この角度も好きだ。

(窓が汚いのはスルーしてください笑)

まとめ

■僕が実際に使用しているマグネットスタンドはこちら

■実際に使用しているスマホホルダーはこちら

正直スマホホルダーはそこまで大差ないので、外れは少ないです。

僕の選び方としては、ワンタッチで調整できて、横縦両方撮りたいので、回転が簡単にできるのかというところですね。

これを選んでおけば間違い無しです。

色々試すのは楽しい。

車によって合うものは変わりますが、安くて自分に合う物が買えれるいい時代ですね。

車の固定はもちろんですが
とにかく細かな微調整ができるアーム(雲台)がついているものは必須です。

あとは、固定した場所からカメラまでに距離が長いものはブレるので、短いものがオススメです。

マグネット固定できる車の方はこれ

ヘッドレストに固定できる方はこれ

スマホホルダーを持っていない方はこれも

川瀬悠大(26)

➡︎プロフィールはこちら

➡︎YouTubeはこちら

➡︎Instagramはこちら