軽トラハウス【透湿防水シートの貼り方】必要なものはタッカーだけ。

この記事を書いた人
川瀬悠大(26)

DIYオタク/ソロ/キャンプ,登山/自然が好きな引きこもり

独学でDIYを始め、DIY系のYouTubeも現在70,000人
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。
(よく使用してる工具はこちら

軽トラハウスや家作りで1番不安なのが「防水」ですよね。

かといって、完全に防水にするためにシートを貼っても、中が湿気だらけになったりするのも嫌ですよね。

そんな悩みを解決してくれるのが「透湿防水シート」です。

今回は貼り方を解説していきます。

軽トラハウス(キャンピングカー)ですが、家などでも作り方は同じです。

→作り方の全過程はこちら

【透湿防水シート】

透湿防水シートとは…名前の通り湿度は逃し、防水のシートです。厚みはほぼ無し。

一般的には合板を貼って、その上に防水シートを貼って、外壁をつけます。
でも今回は軽量化のため、壁の合板は省きます。

家などの場合は下地合板をつけてから、シートを貼るでOKです。

僕は枠組みにそのまま防水シートを貼り、その上に外壁をつけることに。

必要なもの

・透湿防水シート
・タッカー
・防水テープ(無くても可)

基本的にタッカーさえ、あれば施工できます。

透湿防水シートは「タイべック」などが有名ですが、高かったのでホームセンターで30m×幅1mで3980円の透湿防水シートを買いました。

予算はあって、不安なく防水したいって方はタイベックがオススメです。
耐熱性などもあるので、優秀。

制作過程の手順

貼り方もタッカーで止めていくだけで、シンプルです。

透湿防水シートの幅が1mなので、タッカーで1列3個ずつ打っていきます。

というか、最終的に外壁を打つ時ビスも打つので、割と適当にタッカーで打ってます。笑

いっぱい打ちすぎも防水の関係上良くないので、40cmほど開けて打っています。

・防水シートは下から貼っていきます。(上からだと重なり部分から浸水するため)
 
・重なる部分は上下10cm以上重ねる。

しわができないように!といいますが…
初めての僕が一人でやったので、シワはできてしまいました。泣

見てみぬふりをして、先に進みます。笑

左手でシートを持ちながら、タッカーで打っていくのは、想像以上に疲れる。

なので、予め長さを決めてカットしてから貼っていきます。

綺麗にカットも出来てシワもできにくいので、一石三鳥でした。

突き出し部分の下側は先に貼りました。↑

何回も言いますが、下から貼っていってます。

屋根はOSB合板の上から防水シートを貼りました。

完成したら上に乗りたいので屋根だけは9mmの合板をすでに貼っています。
→その時の記事はこちら

一応これで完成なのですが、重なってる境目部分が気になるので、防水テープをつけていくことに。

実際は、重なる部分はタッカーが打てるように柱の位置で合わせる必要があります。

僕は後で知ったので、重なる部分にタッカーが打てず…
ひらひらしてたので、防水テープを貼ることに。

重なってる部分と、角なども防水テープで補強しました。

透湿防水シート貼り方のコツ

✔︎上が上に重なるように、下から貼っていく。
 
✔︎重なる部分は、上下左右10cm以上。
 
✔︎タッカーでつけていく。(30cm以上間隔は開ける。打ちすぎも良くない)
 
✔︎あらかじめシートを切ってから貼る方が簡単。
 
✔︎シワは無くす。(2人いるとやりやすい)
 
✔︎重なる部分は柱の位置にするとタッカーが打てる。
 
✔︎気になる場合は防水テープでくっつける。

窓枠部分には両面テープでくっつけてやっている方もいますが、無くて全然OKです。

最後、シーリングなどで防水する予定なので。

まとめ

初めての透湿防水テープでしたが、なんとか貼れました。

シワがあったり、重なる部分に柱が無かったり…

ミスは連発しましたが、きっとなんとかなってくれるでしょう。

もう一回やったら、うまくはれる気がするので、難易度はそこまで高くないと思います。笑

使用したもの。

・透湿防水シート
・タッカー
・防水テープ

■タッカー

もっと高いものもありますが、1000円程度のもので十分です。
これ以上安いと、硬いものが多く、握力が必要になります。

■透湿防水シート

ホームセンターで30m×幅1mで3980円の透湿防水シート。
ネットより安かったので、購入。

予算はあって、不安なく防水したいって方は完全にタイペックがオススメですね。

■防水テープ

手で簡単に切れるし、値段も防水テープにしては安いのでオススメ。

しっかりくっついてくれてます。

→作り方の全過程はこちら

川瀬悠大(26)

➡︎プロフィールはこちら

➡︎YouTubeはこちら

➡︎Instagramはこちら