【簡単DIY】倉庫に窓とドアを後から取り付ける方法。

この記事を書いた人
川瀬悠大(26)

DIYオタク/ソロ/キャンプ,登山/自然が好きな引きこもり

独学でDIYを始め、DIY系のYouTubeも現在70,000人
2年でキャンピングカーを2台作ったり山で秘密基地を製作中。
(よく使用してる工具はこちら

【簡単DIY】倉庫に窓とドアを後から取り付ける方法。

三重県の山を開拓しながら秘密基地をDIYしてる25歳です。

秘密基地DIYの過程はこちらをご覧ください。

動画で見たいよって方はこちら

倉庫に窓とドアを取り付ける方法

では、早速本題に入ります。

僕が窓とドアを取り付けた倉庫はこちら。

窓もドアも基本的には同じです。

窓のサイズを測る→場所を決める→外壁に穴を開ける→取り付ける

めちゃくちゃ簡単にいうとこれだけです。

穴を開ける&取り付ける」という部分が気になる方が多いと思うので
そこを中心に解説します。

①サイズを測り、場所を決める。

窓やドアのサイズを測る。そのサイズで場所を決めます。

この時元々ある柱がない部分が楽です。
干渉する場合は柱を切り、補助材をつける感じになります。

ちなみに、窓ドアは今回は廃材で無料で頂きました
解体屋さんにいうと貰えたりもします。

買う場合はリサイクルショップや、フリマサイト。
予算がある場合はネット通販や新品を買うのもありですね。

場所を決めたら、線を引きましょう。
この時、角4つ穴を(内側から)開けて線を繋いでおくと簡単です。

(穴はもっと多くても可)

内側から場所を決めないと、よく場所がわからないので
この方法でやってます。

丸のこ定規を使って、外側にも線を引く。

ちなみに部屋の窓も多い方がいいということで、2つつけます。

OSB合板をすでに貼ってあったのをとり、やり直しました。

→秘密基地の制作過程はこちら

②外壁に穴を開ける

やる前に1番不安だった部分です。

ディスクグラインダーで穴を開けていきます。
外壁材は薄いトタン?だと思います。

切断砥石などがあると、簡単にカットできます。

今回は薄い材なので、めちゃくちゃ簡単でした。
(火花は出る)

木材もカットしました。

ちなみに薄い外壁材なら、ジグソーでもカット可能です。

使い慣れていたので、ジグソーでやってみたら簡単でした!!!

③取り付ける

窓・ドアを取り付けていきます。

ただ、取り付ける材がないので木材を枠に入れます。

今回の窓は大きく、柱も1部分カットしたので
補強材をつけ、枠に木材を固定。

で、この木材に外から窓を取り付けます。

周りの外壁と合うように、薄い木材も噛ませました。

なんとか固定成功。。

釘で固定します。
この時ステンレスだと錆びないのでオススメです。

(実際ビスでも固定できそう。だけど、防犯上?釘の方がいいのかな…?)

本当はドア・窓枠は内側に入れ固定するそうですが
今のところ雨漏りもないのでOKOK。

屋根が少し長いのと、コーキングをしたので大丈夫でした。

窓枠の部分が柱が剥き出しなので、窓枠も作りました。

廃材をカットし、四角形にはめ込むだけです。

窓枠はbriwaxでチークに塗装。

まとめ

費用

窓・ドア廃材、木材も廃材。
固定するために錆びないようにステンレス釘を使用したので、300円ほどでできました。

今回はありがたいことに、1番高い窓とドアを無料で頂きました。
なのでこの値段ですが、1から集めるともう少し高くなります。

フリマや解体してるところなどで探してみるといいと思います。

 

やる前は「外壁に穴を開ける」という行為が怖かったですが
いざやってみると、意外とできる!?

というか楽しいです(笑)

コーキングなどもありますし、メンテナンスなどで
どうにかなるので、やっちゃうことをお勧めします(笑)

YouTubeでも解説してるので、よかったら覗いてください。

川瀬悠大(26)

➡︎プロフィールはこちら

➡︎YouTubeはこちら

➡︎Instagramはこちら