竹で流しそうめんDIY。0円でDIYして売る!

知り合いから勝手に取ってっていいよーと言われた竹を大量にもらいに行ってきました。笑

前回は細めの竹で火吹き棒を作ったのですが、今回は太めの竹で流しそうめん台(DIY)を作ってみようと思います。

小さい乗用車につめつめに積んだので、だいぶ汚れました。。。w

流しそうめん台を作るにあたって、重要なのが竹の太さですよね。
やっと立派な竹に出会えました。

流しそうめん竹の太さ…両手でつかめないぐらい。直径15cmほどあればなおさらGood
水やそうめんがこぼれないように、大きめの竹がないとできません。
ただ、竹さえ手に入れたら超簡単に流しそうめん台は作れます!!!
今の時代竹も売れなくなってきて、困ってる方も多いと思われるので、比較的簡単に手に入ります。

流しそうめん台の作り方

①竹を半分に割る。

一般的にナタを入れて、トンカチなどでナタを叩きながら割れ目を入れるのですが、ナタがないので僕は小さなノミで代用。
ノミで割れ目を入れ、1/4ぐらい割れ目を入れたら、手で一気に割ります。

これがクセになる程気持ちい〜いんです。笑
割れる瞬間ドンっとデカ目の音がなりますが。

竹は縦繊維なので想像以上に簡単に割れます。

②竹の節を取り除く。

ノミをトンカチなどで叩きながら、節を取っていきます。
これもめちゃくちゃ簡単に取れます。

(怪我をしないように節などは最後にヤスリ掛けもします。)

③余った竹でコップやお皿を作る。

やっぱり流しそうめんを竹でするなら、お皿もコップもそうめんを入れるのも竹でやりたいですよね。

いろんなサイズを作ってみました。

④最後に脚を作って完成!!!

あまり考えずに作っていたので、細い竹がなく脚はなくてもいいか。と思っていましたが、太い竹を半分にして、それをまた半分にして脚にしてみました。

全体的にヤスリ掛けも掛けて完成です!!!

こんだけです。
もともと持ってた道具・竹はもらったので完全無料でした。

作り方もめちゃくちゃ簡単ですが小さなお子さんとやったら最高に楽しいやつですよね。
甥っ子と楽しもう。。笑

ちなみに流しそうめん台はネットで買うと結構高いです。
僕が作ったサイズだと1万円前後はします。

(だから売れますね〜〜〜〜!!!)w

高いということは素人が作った素人価格で、少し雑でもいいから安く買いたいって人はいっぱいいますよね〜。。。

流しそうめん台おすすめ道具

●竹鉈

今回僕は使用しなかったですが、もっと長い竹や多くやるときにはナタがあったほうが便利ですね。
キャンプでも使えるし、鉈はおすすめですね。

●ノミ
今回僕が使用したのは木工用のノミです。
このセットは安いし、竹割り以外にもほぞを作ったり、穴を開けたりなんでもできるので重宝しています。
やっぱり日本人はノミの使い方をマスターしたい職人の血がありますよね。。自分だけ?w

●流しそうめんセット
作るのは面倒くさいって方は流しそうめんセットがおすすめです。
でも無料で僕が作ったから思うだけなのか、高いですね〜。。
まだ竹が余っているので、もし欲しいって方いましたら僕に連絡くれれば格安で配送しますよ!!笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。