禁煙する方法は?吸いたい・リラックスという気持ちはニコチンによる幻想です。

心の中で禁煙したいな〜と思ってる方って多いですよね。

でも禁煙失敗したら、ださい。恥ずかしい。などの理由もあり
禁煙って宣言しづらいですよね。

そもそも、禁煙って難しいし。

別に今健康だし。

禁煙しない理由を探したら、無限に出てきますよね。
はい。僕もそうでした。

禁煙について語る。

では、何個かの質問について答えていきます

〜〜他にも質問があれば、ご気軽にコメントください〜〜

禁煙って誰でもできる?

誰でもできます。

でも鼻をおるようですが、禁煙は難しいです。

まず、タバコは依存性も強いです。

2時間も耐えたら、タバコを吸いたくなりますよね?

色々な薬物の中でも、タバコの中毒性はトップクラスですね。

どうして吸いたくなるの?

タバコのニコチンは中枢神経系のうちドパミンを介する脳内報酬系に作用します。

(この辺は詳しく知りたい方は、禁煙推進委員会などで勉強してください。)

難しい話は置いといて、ニコチンの成分により、依存してる。

だから、吸いたくなる。

でも、この「吸いたい」って言う感情は結構ヤバいです。

自分の欲で、吸いたいから吸うって思いますよね?

でも、正しくは違うんです。

脳の指令によって、吸わせよう吸わせようと自分を操作してるんです。

無意識のうちに吸ってるので、ヤバいんです。

依存により、脳に吸いたいと思わされてるんです。

だから、タバコやめない!って思ってても
タバコをやめないって思わせるように、脳が動いてるんです。

例)
・タバコ吸ってても健康だし。
・そもそもタバコは体に悪くないし。
・社会に反抗してやめない。
・そもそも早死にしてもいいし。

これ、自分の欲ではないです。
タバコにより、徐々に脳を変えられて、こう思うように生かされてるんです。

依存は自分でも気づかぬうちに、脳を変えて、自分を変えていきます。

タバコ依存は病気?

まず、タバコの依存は病気だと言うことを認識するべきです。

いや、いつでもやめれるし。って思う方もいると思いますが
数年以上吸ってたら、なかなか簡単に止めるのは難しいです。

たまに、簡単にやめれる人はいますが。

簡単にやめれる人は、タバコと脳神経のバランスがうまく取れており
まれに数年すってても、脳自体が依存症になってない場合もあります。

あ、稀なケースなので、信じていつでもやめれるし。と思うのはやめましょう。笑

タバコって本当に悪いものなの?

こんなに、世の中で悪いという話があっても
信じてない人もたくさんいると思います。

結論から言うと「百害あって一利なし」です。

じゃあ、なんで売ってるの。と思うかもしれませんが、、
儲かるからです。以上です。

儲かるためには、依存がある方がいいからです。

最近は、タバコは本当は体にいい?っていう都市伝説てきな話も出てきてますが
あり得ません。

そういうタバコが出る可能性は、もちろんあるかもしれませんが
現状のタバコは害です。

都市伝説を信じてるのではなく、脳に信じてると思わされてると言う病気です。

タバコをやめる方法は?

色々、脱線しましたが
タバコを止める方法は3つあります。

☑️タバコの悪について認識すること。

これは、王道パターンですね。

そもそも、依存が強いタバコを悪いものと思ってなくて、止めるのは至難の技です。

例えばダイエット中で
「お菓子は食べていい」と言われてるのに、お菓子を食べちゃいけないようなものです。

下手な例え話は置いといて
タバコを悪として認識することが第一歩です。

いや、悪いものと認識してるよ。って思う方もいると思いますが
でも、吸っているなら、それは認識してないです。

体に悪いというのは、当然ですが
脳に悪いという部分が大きいです。

悪を認識したら、継続できるかは置いといて
禁煙しようと少し思うはずです。

禁煙はすぐできなくてもいいので、禁煙しよう。と思うのが第一歩です。

☑️軽い気持ちでやること。

よし。絶対禁煙するぞ。って意気込む人も多いと思いますし
その気持ちを否定はしませんが

軽い気持ちでやるって重要です。

僕は、禁煙の節目と言われる禁煙3ヶ月達成したら、止めるつもりでした。

どうして3ヶ月なのかは
「数年間、毎日・毎日吸っていた、タバコと一生別れるなんて、辛すぎる。」からです。w

でも、これが3ヶ月なら頑張れるっていう気持ちになるんです。

むしろ、1週間。

いや、3日、1日でもいいと思います。

一生きんまるちゃん(マルボロのゴールド)を吸えないなんて、辛すぎる。
って僕もずっと思ってました。笑

マルボロちゃんって呼ぶほどの愛好家でしたw

でも、3ヶ月だけのつもりだったが、3ヶ月たった時には
吸おう!ではなく、このまま絶対やめてやると思うから、不思議なものです。

どうして3ヶ月やめた後に、そのまま禁煙できた理由
・禁煙が辛かった。だからこそ、また1からこの経験はしたくないから。
・3ヶ月ぐらい経つと、辛さもなくなり、調子がよくなってくるから。
・肺が綺麗になってきてる気がして、汚物を入れたくなくなったから。

一生禁煙って決めるのは、なかなか難しいので
これなら達成できそう、と思う期間で挑戦してみましょう。

達成したら、ご褒美にまた吸ってもいいですし。

1回で成功しようなんて思わなくていいんです。
だって、難しんだから。

☑️体調不良を利用する。

これは1種の強豪突破です。笑

体調不良を利用する大作戦です!!!

どういうことかというと
体調悪い時って、タバコまずくないですか?

38度などの高熱になると、むしろタバコすら吸いたくないですよね?

僕は高熱だと、吸わないタイプなんですが、それを利用してそのまま止める作戦です。笑

この作戦の凄いところは
禁煙は最初の3日間が山場と言っていいほど、辛いんです。

最初の1日ももちろん辛いですが
1日って気合で意外となんとかなるんですけど、3日は辛いです。

でも、体調不良を利用することで
その3日間を寝込むことで、突破できるんです。

禁煙ブースト作戦
・39度ぐらいなど、1番辛い時にタバコを1本無理やり吸い込む作戦。
・体調不良はタバコのせいにして、タバコが害の動画をみる(肺が黒くなる系のやつ)
禁煙ブースト作戦…
体調不良作戦にプラスでやること。
禁煙の成功率を上げる(ブーストさせる)技。

高熱の時に、タバコを1本無理やり吸うと、まじでタバコ嫌いになります。

この方法で1週間はいけます。笑

とにかく、多めに無理やり吸い込む。
咳き込むぐらいがベスト。

タバコまず!って思えたら、勝ちです。w

僕はこの作戦で2年近く経ちますが、いまだに不味いものとして認識してます。

まあ、2年経ってるので、久しぶりに吸ったら本当に不味く感じると思います。
騙されてるだけで、本当は不味いものですから。

まずって思った時に
タバコを吸うと肺が黒くなる系のグロい動画を見ると、またブーストします。w

これ、ふざけてるようですが真剣にオススメの方法です。

まとめ

禁煙は、脳の主導権の取り合いです。

「吸いたい。止める気ない。おいしい。」

この感情は全部ニコチンにより、脳を支配された幻想です。

ニコチンから守るために「タバコの悪を認識する」

そうして、ニコチンの洗脳をちょっとづつ、取っていきましょう。

自分の、その欲求を疑うことが第一歩です。

1日でもいいので、禁煙練習をしてみましょう。

洗脳が取れてきたら、止めるのは簡単です。

あ、タバコ中毒は病気の1種でもあるので
無理しすぎず、あれ?と思ったら病院にいくのもありです。

禁煙外来などもあります。

一人で抱え込まずに、ちょっとづつ。ちょっとづつ。

■禁煙1年達成したレポートはこちら

禁煙日記を細かく書いてあるので
禁煙したい方はよかったら見てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。